ミュージカル「ロッキー」観劇記

カテゴリー: ミュージカル・他・舞台, ライフ   パーマリンク

世の中の男には2種類あると思っています。

「ロッキー」を通って来たか。そうでないか。(いや、マジで)

1
ブロードウェイミュージカル「Rocky Musical」を観に行きました。

取材でも、招待でもなく、自腹で!

2
映画「ロッキー」シリーズは僕のバイブル。自身のアイデンティティーの何%はロッキーで出来てます!(断言) それくらい思い入れのある作品。12歳の頃に出会えなかったら、今、ここにいないかも。ごめん、言い過ぎた。

でも、男の人生にとって大切な事の大半は「北斗の拳」と「ロッキー」で学べるんじゃないかと今でも信じて疑わない。

岡山時代から大阪時代、大阪時代からNY。VHSからLD、LDからDVD、DVDからBlueRayと(メーカーの思惑通り)買い替えては棚にならぶ定番作品です。

将来、娘が出来て、結婚したいと相手を連れて来たら、まずは「ROCKYを観た事あるかね」と聞きそう。で、ウザがられそう。

3
だからこそ、去年、ミュージカル化されると聞いた時は少なからず僕の中では事件でした。

実はハリウッドのヒット映画はよくよくミュージカル化されます。もちろん「ライオンキング」も「美女と野獣」もフィルムが先でした。

実はあの「タイタニック」も、「トップガン」も「フル・モンティ」も「シュレック」もミュージカルになりました。

で、たいてい、コケます。

「ロッキー」もさすがにロングランになるとは思ってなかったけど、まさかオープンして、5ヶ月でクローズするなんて!

聞けば、そこまで不入りではなかったとか。プロデューサーのスタローン、張り切り過ぎて、お金掛け過ぎちゃったんだろうな、、、。回収できないとのこと(笑

なので、創刊記念日か誕生日か、特別な日に連れてってもらおうと思っていたところ、今週いっぱい(17日)でクローズなので、慌てて行ってきました。自腹で!(←しつこい)

4
千秋楽間近なので、超満員。誰もが知っているストーリーに安心してみんな来ていました。

オーケストラ席の前列から数列目までの席を購入すると、首からぶら下げるパスを劇場で渡されます。で、後半40分、パスをもった人間は舞台の上に上げられ、クライマックスの試合のシーンでリングを囲む観客のエキストラになることができます。

リングが客席までせり出して、劇場は試合会場に変わります。

数えきれない舞台を観てきて、初めての経験でした。お芝居なのに(格闘技観戦くらい興奮した 笑)

5
それも含めて、結論から云うと、悪くなかった。(でも、金掛け過ぎだよ、スタローン)

個人的な思い入れがあるから冷静な批評なんて出来ないけれど、男40にして久々に号泣した(笑 例の「エイドリア〜ん!」なラストで。

6
そして、映画業界では多い自分の「お気に入り」が初めてブロードウェイ業界で出来ました。

主役のAndy Karl。ロッキーのやさぐれ感も、バカっぽくて憎めないとこも、よく出てた。彼が出演する作品なら今後も観に行きたいと思いました。

PLAYBILLで過去の出演作をチェックすると、なんと4〜5作品、僕は彼の出演している舞台を観てました。それでも記憶にない。「 あー、そういえば、いたいた!」と思い出すもそのとき琴線に触れてない。

やっぱり役者は「当たり役」ってあるんだなぁって実感しました。

スタローンより男前だしな。

 

 

☆ できれば全部申請して頂ければ ↓ 嬉しいです♪
◎NY BIZ Facebook   NYの最新情報を随時更新しています。
www.facebook.com/nybiz

◎高橋克明 Facebook  ガチ!の裏側を中心に書いてます。
www.facebook.com/yoshiaki.takahashi.520

◎WEEKLY BIZ Twitter NYの最新情報を随時更新しています。
twitter.com/USWEEKLYBiz

◎高橋克明 Twitter   NY時間の毎朝つぶやいてます。(多分)
twitter.com/NYmatenrou