YOSHIKI -X JAPAN- NY記者会見最前列なう

カテゴリー: シゴト, ライフ   パーマリンク

1
XJAPANが10月にあのマジソンスクエアガーデンでコンサートを行います。

それに先駆けて行われたNYのJAPAN SOCIETYでの記者会見。

夜の単独インタビュー前に僕も出席してきました。

2
最前列ど真ん中に座った僕の1メートルの距離にいたYOSHIKIさんは4年前、単独インタビューさせて頂いた時と変わらぬオーラ。

でもそのオーラはミュージシャン特有の尖ったソレではなく、そんなものをとっくに超越してたどり着いた、とってもやさしいものでした。

30人そこそこの記者会見に関わらず、すべての質問に英語で丁寧に答えてらっしゃいました。

3-1

3-2
僕の英語の質問に対しても、流暢な英語で答えてくれました。(1メートルの距離で目を見て答えられたら、男のオレでもなぜか照れる・笑)

4年ぶりのNYライブのこと、MSGに対する想い、あのMARVELコミックとのコラボレーションのこと。(詳細はウィークリービズ8月16日号にて、ウェブサイトには8月14日にアップ予定)

4
この仕事を生業(なりわい)にして、数えきれないほど聞かれる質問があります。

「いままでガチ!った中で、誰がいちばんオーラがありましたか?誰がいちばん印象に残ってますか?」

そのつど、僕は‘4年前に単独でインタビューしたYOSHIKIさん’と答えるようにしていました。講演会の時もラジオ出演の時も雑誌の取材の時も、そう答えたと思います。

5
2010年の10月10日のニューヨークコンサート。

その翌日にお時間を取って頂きました。前日、何千人を虜にさせたのを見ていた僕は仕事とはいえ、緊張していたと思います。

勝手に緊張している僕をよそに、YOSHIKIさんはあらゆる質問すべてに親切に、丁寧に、そして熱っぽく答えてくれました。当初予定されていた時間を大幅に超え、今回のツアーのこと、TOSHIさんのこと、そしてHIDEさんのこと。

6
インタビューが終盤に差し掛かかった時、僕は当初、聞こうか、聞くまいか迷っていたことを思いきって聞いてみました。

甲状腺肥大ならびに甲状腺機能亢進症—。

当時、日本中のニュースにもなったYOSHIKIさんの体調のこと。一般向けの“煽り”だけではなく、実はかなり近しい関係者から、「本当にヤバいかもしれない」と僕は聞かされていました。

そのことを触れると「ステージの上なら、明日死んでもいいと思ってるので」とさらっと答えられました。

7
ミュージシャンと呼ばれる職業の方は(それが“自称”であれ)、そういった類(たぐ)いのセリフをよくよく口にされます。実際、この仕事をして、僕もよくよく聞かされてきました。一時的にテンションの高まりから。あるいわ、プロモーション的に。

でも、あきらかに違う。

上手く説明出来ませんが、YOSHIKIさんの口から出たそのセリフは、明らかに今までよく聞いたフレーズにも関わらず、何かが決定的に違っていました。

( あ。今、目の前のこの男は、本気で言ってる、、、)

勢いでも商業的に用意された言葉では、断じて、ない。それが伝わってきたので、(それまで特別なファンでもなかったにも関わらず)今でもレコーダーの音源を消せないでいます。

8
過去400人、インタビューしてきて、音源を消せないでいるのは、トム・クルーズと、中村勘三郎さんと、そしてYOSHIKIさんだけです。

▶ 4年前のインタビュー  www.gachi-usa.com/2010/11/xjapan_yoshiki/

そして、今日、いまから4年ぶりの単独インタビューに行ってきます。

その模様も引き続きUPします♪

9