ボルティモアで感じる日本人

カテゴリー: ライフ

毎年、年末にここに訪れる。カニをバカほど食べるため。

ここボルチモアの名産はカニとオイスター。貝類は全部NGな僕はひたすらAll You Can Eat(食べ放題)のレストランでカニだけ食べる。向こう一年カニを見るのも嫌なほど食べたら、あ、ボルチモアに来たんだなと実感する。

州の俗称が「オイスター(牡蠣)の州」というほどなので海産物は有名だが、実は独立戦争時に国歌(「星条旗」)が出来た場所ということは意外に知られていない。

それにしても渡米当初はカニはポン酢や紅葉おろしで食べなきゃダメだろうと思っていた。だからバターやシーズニングでなんか食べられるか!と。それがアメリカ10年、今年はなぜかバターやシーズニングでないと食べれるか!と思ってしまっている自分がいた。ポン酢や紅葉おろしで食べてた感覚ってどんなだっけ、と。今は正直言って、バターでないとダメだろうと思ってしまっている。それは少しだけ寂しいことだと思う。

関連サイト:フィリップス