元旦、べガス、一人の男のために

カテゴリー: MMA・他・格闘技

元旦、取材でUFCラスベガス大会に行く事に決定した。

もちろん、バレてるとは思うが取材という名のガッツリプライベートな職権乱用だ。いつものごとく。それにしても格闘技のためにべガスまで行くかね、元旦に。

1月1日 世界最大格闘技イベント「UFC 125 RESOLUTION」において我らが五味隆典がCLAY GUIDAと対戦する。GUIDAは五味よりランキングが上の選手だ。

僕たち「PRIDE」からのファンはここ何年、誰にも「乗っかれない」日々が続いた。かつての熱い(そして、厚い)時代からもう何年経つだろう。

ヒョードルも負け、魔娑斗も引退して、ヴァンダレイもノゲイらもかつての輝きをなくし、桜庭も藤田もアーツも「ベテラン」の名において第一線から退いている。まさか青木や自演乙に乗っかる事もあるはずはなく、先日のミルコ敗戦を目の前で観て(9月25日エントリ参照)一つの時代が終わったと確信した。今さらKID やヴァンナに乗れはしない、と。

そんなときに気がついた。一人いたのだ。

かつて「武士道」というイベントで主役を張っていた男が。かつて何度も僕たち格闘ファンを興奮させてくれたあの男が。

五味隆典。

もう、僕たちPRIDEをいまだ引きずっているダメダメ達が「乗っかれる」男は彼を置いて他にはいない。佐藤嘉浩やペトロシアンで熱くなれるはずはないのだから。

今からインタビューのリクエストを出そう。どうせここまで職権濫用したなのなら。

もしオッケーが出たのならば、試合の前日になる。ということはちょうどその頃地球の裏側で「Dynamaite!2010」が開催されている時間だ。

青木が、マッハが、川尻が日本でリングに立っているその時にベガスでひとり闘いを挑む五味と話ができたなら。こんなにシビれる事はない。こんなにロマンだらっだら、なことはない。

大晦日、日本中の格闘家が集結し地上波で全国放映される「Dynamaite!」

その翌日、五味はここアメリカでひとりオクタゴンに入る。30日と31日(SRCとDynamite!)に出場するすべての格闘家全員より僕は五味一人に乗る。

※ それにしても12月12日時点で大晦日開催「Dynamite!」のカードが一つを除いて全く決まってないなんて。こちらでは考えられない。(ちなみにUFCはメインカードだけなら3月大会まで既に決まっている。)いろいろと諸事情、調整等あるのだろうけれど、その諸事情、調整をするのがイベント会社の主な仕事だと思うのだけれど。カードも決まってないのにチケットが売れてるって、日本はいい人が多いなあと思ってしまう。一時期、桜庭VS曙が噂になったとか。誰が観たいんだよ、それ。

関連サイト:
http://www.ufc.com/event/UFC125?changeRegion=6